看護師

PMSの症状を理解|女性特有の症状は自分自身が把握する

生理前の体の状態

女性

女性には毎月生理がありこれは子供を産む役割を果たす女性に引き起こされる自然現象でもあります。この生理には女性ホルモンであるプロゲステロン、エストロゲンの変動が深く関わっておりこれらのホルモンは生理を引き起こすだけではなく精神面や肉体面にも様々な影響を与えます。その影響とはPMSと呼ばれる現象で月経前症候群とも言います。PMSは生理前になると腰痛、下腹部痛、吐き気等の肉体への悪影響やイライラ、倦怠感等の精神にも悪影響を与えます。生理前になると女性はイライラすると言う事がよく言われますが、これは女性ホルモンの急激な変動が引き起こすPMSの症状なのです。そしてこの症状には大きな個人差があり、全く症状が現れない人もいれば日常生活に支障をきたしてしまう程症状が重い人もいます。毎月生理前になるとPMSが発症し、強い倦怠感で起き上がる事が難しく頭を悩ます女性も沢山存在しているのです。しかしこのPMSは、上手く付き合っていく事で大きく症状を改善させる事が可能となります。

酷いPMSに悩み産婦人科を受診し内服薬を処方して貰えば症状の改善がみられますが、日常生活に工夫を行う事も大切です。PMSを出来るだけ改善させる為には食生活に対する工夫が効果的です。イライラ、情緒不安の場合体の血糖値を上げる食べ物が効果的です。しかし甘いチョコレートやケーキ等の糖分が多く含まれている食べ物は急激に血糖値を上げてしまう為にその後急降下し悪循環に陥りますので、血糖値をゆっくりと穏やかに上昇させる芋類、豆類、そしてかつお、レバー、ナッツ類、海藻類等 ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムを含む食品が適しています。そしてPMSは体の冷えが関係しているとも考えられています。日常的に体を冷やさない生活を心掛け冷たい飲み物やアイスクリーム等の冷たい食品を摂取するのは控えるようにします。そして体を芯から温める目的として、半身浴が効果的です。40度前後のお湯でゆっくりと半身浴を行い下腹部をじっくりと温める事で腰痛や下腹部痛を和らげ精神的にリラックスさせる事ができます。