看護師

PMSの症状を理解|女性特有の症状は自分自身が把握する

悩んでいるより病院へ

悩み

PMSの症状が辛くて悩んでいるのなら、病院で本格的な治療を受けると良いです。生理前の不快な症状は、PMSの可能性が高いです。生理が順調にくるけれど二週間前くらいから不快な症状が出ているという方は一人で悩んでいないで病院で相談してみると良いです。イライラしたり、不安になったり、うつっぽい症状がでたり、集中力がなくなったり、むくみっぽくなったり、手足が冷えたりなど様々な症状が出てきます。疲れやすかったり、眠くなったり、不眠になったり、便秘や下痢、ニキビや頭痛、めまいなど、様々な症状が現れるため、自分がPMSであるという自覚がない方も多いです。女性ホルモンの分泌量が変化することによって現れる心身の様々な症状であり、生理が始まると症状が消えるという特徴があります。症状の酷い方の場合、会社に行けなくなったり、家事ができなくなったりと日常生活に大きな影響を及ぼすことがあります。一人で悩んでいるとストレスがたまりますし、ストレスはPMSの症状を悪化させます。悩むよりも病院での治療を受けたほうが効果的な対策になります。

PMSの治療を病院で受ければ、効果的な治療を受けることができます。また、ほかの病気の有無なども確認できますので安心です。病院で受けられるPMSの治療としては、低用量ピルを使って行われるようなものもあります。しかし、全ての方に効果があるわけではありませんし、副作用の心配もあるため、病院で行われる治療が全て薬物を使用したものであるわけではありません。栄養療法や漢方薬を使った治療、食事の改善や運動、ハーブやアロマを使ったものなど、様々な方法の中から最適なものを受けることができます。栄養療法では、サプリメントの使用や食事の指導などによってPMSに悩まされない体に改善していくことができます。安全性が高く、副作用の心配もありませんので、妊娠を希望される方や授乳中の方でも安心して治療を受けることができます。漢方を使った治療では、体質を改善することで症状の出ない体にしていく治療であるため、PMSの症状の改善を実感できるまでは時間がかかることがあります。病院で治療を受けることで、自分にあった治療を安全に受けることができます。