看護師

PMSの症状を理解|女性特有の症状は自分自身が把握する

生理前の心身の不調

仕事中

女性は生理前になると心身ともに不調を感じる人が多いようです。生理前数日、長い人は2週間程前から様々な症状に悩まされます。これは「PMS」と呼ばれており、日本では「月経前症候群」と言われています。生理が始まると症状は消えていきます。主な身体の症状は頭痛、腹痛、胸の張りと痛み、むくみ、眠気、だるさなどがあり、精神面では、落ち込み、抑うつ、イライラ、情緒不安定などがあります。このPMSの症状には個人差があり、眠気が強い人がいるかと思えば不眠で悩む人もおり、食欲不振になる人がいる一方で、この期間だけ過食傾向になる女性も多いようです。まさにPMSは女性の数だけ症状があると言われるほどで、同じ女性でもその月によって症状が違うなど対処し辛い病気でもあります。また、この期間だけ気持ちのコントロールがうまくいかず、仕事に支障をきたしたり、職場や家庭の人間関係にも影響が出ることも少なくありません。女性にとって最も辛いこの時期をどう乗り越えれば良いのか、効果があると思われる対処法を見つけていきたいと思います。

自分で出来る身体への対処法としては、身体を温めることです。女性にとって、冷えは大敵なので、インナーを暖かいものに変えたり、ゆっくりお風呂に入ることもリラックスに繋がります。アロマテラピーを取り入れるのも良いでしょう。また、精神面での対処法としては、カフェインを控える、糖分の採りすぎに注意することが大切です。血糖値の値が急激に上がったり下がったりを繰り返すと、イライラすることが多くなります。それでなくても不安定になるこの時期は特に注意が必要です。市販の漢方薬やサプリメントも効果が期待できますが、婦人科でPMSの相談をしてみるのも良いかと思います。婦人科では漢方や低容量ピルによる治療があるようです。また精神的な症状が強すぎる方は、心療内科や精神科で診てもらう方法もあります。心療内科というと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、今はPMSの症状の強い人に抗うつ薬や安定剤を処方してくれることが多いので、この時期だけ薬を味方につけるのも良い方法かと思います。とにかく無理をしないで生理までの期間を乗り切ることがいちばんです。